MENU
退職代行と転職で悩む人をサポートする総合サイトです。

【作り話をする人病気?】嘘をつく人病気障害?治し方や心理

当ページのリンクには広告が含まれています。
シバッタマン

あなたは、作り話をする人が病気かどうか、その心理や治し方について悩んでいるかもしれませんね。

作り話をすること自体が病気だとは限りませんが、病的なほどに頻繁になる場合は、精神疾患の可能性もあります。

演技性パーソナリティ障害や作為症(ミュンヒハウゼン症候群)など、作り話をする病気が存在します。

しかし、作り話の背後にある心理は個々に異なります。

適切な治療やサポートが必要な場合があります。精神科医による診断と治療が必要であることがあります。

心理療法やカウンセリングを受けることで、作り話の背後にある心理や問題に対処することができます。

オンラインカウンセリングサービス「カモミール」や就労移行支援事業所など、さまざまなサポートが利用できます

自己理解や自己受容を高めることで、作り話の必要性を減らすことができます。

自分の状況やニーズに応じたサポートを受けることが大切です。作り話をする人が病気であるかどうかは、その頻度や状況によって異なります。

適切な治療やサポートを受けることで、作り話の問題を改善し、より健康的な人生を送ることができます。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • npo法人発達障がい者を支援する会(チームシャイニー)
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と6歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【作り話をする人病気?】嘘をつく人病気障害?

作り話をすること自体が病気だとは限らない

作り話をすること自体が病気だとは限らないのは、以下の理由からです。

作り話をする理由
  • 誰にでもある程度ある正常な行動で、病的なレベルに達していない場合が多い
  • 背景にはさまざまな心理があり、必ずしも病気が原因ではない
  • 頻繁になる場合でも、それが病気の唯一の症状とは限らない
  • 作り話の程度を判断して病気かどうか診断するのは難しく、専門家による診断が必要
  • 作り話をする人を一概に「病人」と決めつけるのは好ましくない

 作り話そのものが病的なレベルに達していないケースが多いため、作り話をすることが直ちに病気を意味するわけではありません。個別の事情を踏まえて判断する必要があります。

作り話が病的なほどに頻繁になる場合は、精神疾患の可能性もある

シバッタマン

作り話が病的なほどに頻繁になる場合、精神疾患の可能性があるのは以下の理由からです。

項目内容
1演技性パーソナリティ障害の場合、注目を集めるために作り話を頻繁にする特徴がある
2作為症(ミュンヒハウゼン症候群)では、病気の症状を作り出す作り話が頻発する
3その他のパーソナリティ障害でも、特徴的なパターンの作り話が症状として現れる
4統合失調症では、妄想としての作り話がある場合がある
5認知症では、作り話といった妄想が現れることがある
6作り話の頻度や内容から、関連する精神疾患の症状が示唆される
7作り話が生活に支障をきたすほどになれば、精神科の診断が必要
8作り話の背景にある心理や依存症も関係する可能性がある
9頻繁な作り話は、何らかの精神的な問題を示しているサインと考えられる

したがって、作り話が病的なほどに頻繁である場合は、精神疾患の可能性を考え、適切な対応が必要です。ただし、個別の事情を踏まえて判断することが大切です。

【作り話をする人病気?】嘘をつく 病気障害の精神疾患は何?

演技性パーソナリティ障害

シバッタマン

演技性パーソナリティ障害の人は、周囲からの注目を集めることに異常に執着しています。具体的には以下のような特徴があります。

作り話をする理由
  • 自分が話題の中心になっていないと気が済まない
  • 過度に性的に誘惑的な格好をする
  • 作り話をしたり、騒動を起こしたりして注目を浴びようとする
  • 他人との関係で役割を演じる
  • 注目を集めるために泣いたり、周囲を非難したりする

演技性パーソナリティ障害の人は、周囲の注目を引くことに異常なまでに執着しています。

 そのため、嘘をついたり大げさな言動をしたりすることが多くなります。

 注目されないときは気分が滅入ってしまうのが特徴です。

 この症状は精神疾患の一種で、対人関係に支障をきたす可能性があります。

 原因としては幼少期の環境要因などが考えられ、精神療法と併用した薬物療法による治療が必要とされています。周囲の人との適切な距離感を保ち、本人の言動パターンを理解することが大切だと言えます。

参考元:演技性パーソナリティ障害(MSD マニュアル)

作為症(ミュンヒハウゼン症候群)

シバッタマン

作為症(ミュンヒハウゼン症候群)で病気の症状を作り出すのは、以下の理由からです。

作り話をする理由
  • 周囲からの同情や気遣いを得ることで、精神的に満足感を得ている
  • 自分が病人だと思ってもらうことで、自己存在感を高めようとしている
  • 幼少期の外科手術体験などがトラウマとなり、病人役割への固執が生じている
  • 依存性の強い性格や対人関係の障害がある人に多く見られる
  • 症状を作り出す行為そのものが快感となる場合がある

作り出した症状は実際より誇張されており、検査でも異常が見つからないことが多いです。本人は病気を否定しにくく、治療は困難です。周囲の理解と適切な距離感が必要とされています。

参考元:自らに負わせる作為症(MSDマニュアル)

パーソナリティ障害

シバッタマン

パーソナリティ障害では、以下のように特徴的なパターンの作り話をすることがあります。

作り話をする理由
  • 演技性パーソナリティ障害の人は、注目を集めるために作り話を頻繁にする傾向がある
  • 作為症(ミュンヒハウゼン症候群)の人は、病気の症状を作り出す作り話が特徴的である
  • 配偶者の不貞などを疑う根拠のない作り話がある
  • パーソナリティ障害全般に共通する特徴として、対人関係で生じる葛藤やストレスへの不適切な対処方法として、作り話が現れることがある

参考元:パーソナリティ障害(MSDマニュアル)

【作り話をする人病気】嘘をつくの心理は?

①承認欲求や注目願望が強い

シバッタマン

承認欲求や注目願望が強い理由は、以下のような要因が考えられます。

作り話をする理由
  • 人間は社会的な生き物であり、他者からの評価や関心を得ることで自己肯定感が高まるため
  • 幼少期の環境や親子関係が影響して、他者からの評価を重視するようになることがある
  • 現代社会ではSNSなどの普及により、他者からの注目や評価を得やすくなっているため
  • 自己顕示欲や承認欲求が強い人は、能動的に行動を起こす傾向があり、その結果注目を浴びることが多くなる

承認欲求は誰にでもある程度存在し、適度な承認欲求は自己肯定感を高める効果があります。

 問題となるのは、承認欲求が過剰になり、他者からの評価や関心に依存するようになる場合です。

適切な自己評価や自己承認力を高めることで、承認欲求を適切な範囲に抑えることができます。

②孤独感や劣等感などを埋めるため

孤独感や劣等感が生じる原因の一つは、自分と他人を比較し、自分が劣っていると感じることです。

 作り話をすることで、一時的にこれらの感情を埋めることができる場合があります。

 作り話をする人の心理的背景には、プライドが高く承認欲求が強いことや、劣等感が強くコンプレックスを抱えていることが関係しています。

シバッタマン

孤独感や劣等感などを埋めるためにプライドが高く、承認欲求が強い理由は以下のような要因が考えられます。

作り話をする理由
  • 人間は社会的な生き物であり、他者からの評価や関心を得ることで自己肯定感が高まるため
  • 幼少期の環境や親子関係が影響して、他者からの評価を重視するようになることがある
  • 自分に自信がなく、劣等感を紛らわすためにプライドを高く保ち、承認欲求を強く持つ

これらの要因から、孤独感や劣等感を埋めるためにプライドが高く、承認欲求が強い人がいます。

③現実逃避的な気持ちがある

シバッタマン

失恋や仕事のストレスなどから現実逃避したくなるのは自然なことです。現実逃避は一時的に気分転換になるかもしれませんが、長期的には問題を解決しないためおすすめできません。

私が見る限りアルコールに依存してしまう人が現実逃避の傾向があると感じました。仕事のストレスや失恋などの苦悩から逃れるために、アルコールを飲むことで一時的な安らぎを得ることがあります。

忙しい日常から現実逃避するために酒を飲んでしまうことが、アルコール依存症につながることがあります

実逃避ではなく、自分の気持ちに素直に向き合い、支えてくれる人に相談したり、プロのカウンセラーに相談したりすることをおすすめします。

 また、問題の原因を理解し、解決に向けて小さな一歩を踏み出すことが大切です。

 例えば、仕事のストレスなら上司や同僚に相談して業務の優先順位を考え直したり、自分の時間を持つなどのワークライフバランスを考えることができるでしょう。

失恋の場合は、友人と過ごす時間を持つ、趣味に打ち込むなどして気持ちの整理をしていくことが役立ちます。

④自己存在感や充実感を得るため

シバッタマン

作り話をする人が自己存在感や充実感を得るために嘘をつく理由は、以下のような要因が考えられます。

作り話をする理由
  • 自分に自信がなく、他人と比較して劣っていると感じることで孤独感や劣等感が生じるため、作り話をすることで一時的に自分をより良く見せることができる。
  • 周囲からの評価や関心を得ることで、自己肯定感が高まる
  • 他人から注目されたいという願望が強く、作り話を通じて自分の存在価値を高めようとする
  • 現実の問題やストレスから逃れるために、作り話をすることで一時的な安らぎを得る

作り話をする人の心理は一様ではなく、個別の事情を理解することが大切です。作り話をする理由を探ることで、その人を支える方法を考えることができると思います。

トラウマなどの影響で病的になる場合も

シバッタマン

トラウマや心の傷が原因で病的に作り話をする場合があります。トラウマは、恐ろしい出来事や生死に関わるような過酷な体験をすることで、多くの人に長く続く影響が生じます

トラウマ体験により、心身には様々な反応が生じるが、外傷体験のダメージが強いときや長期化する場合、また家族の怪我、財産の損失、失職などの生活環境ストレッサーが重なると、心身のバランスが崩れることがあります。

このような状況下では、作り話をすることで一時的に現実から逃れたり、自己存在感や充実感を得ることができる場合があります。しかし、作り話が病的なレベルに達すると、精神疾患の可能性があります。その場合、適切な治療やサポートが必要です。

トラウマを抱えた人が作り話をする理由は個々に異なりますが、適切な対処法やサポートが大切です。

 作り話をする理由を理解し、その人を支える方法を考えることが重要です。また、作り話が生活に支障を及ぼすようであれば、専門家に相談することも必要です。

依存症など他の病気と関係することも

シバッタマン

依存症は、他の病気や状態と関連があることがあります。例えば、現実逃避が依存症の原因となることがあります。

 また、離人感・現実感消失症は、強いストレスや小児期の情緒的虐待やネグレクトなどが引き金となって発症することがあります。さらに、虚言癖はパーソナリティ障害と関連があることが示されています。

ネット依存も現実逃避と関連があります。若い世代の女性は、男性よりも現実逃避でネットに走る割合が高いとされています。

また、ひきこもりは、学校や職場でのいじめやパワハラ、モラハラなどのハラスメントが原因となり、心の病気や不調を引き起こすことがあります。

これらの例からわかるように、依存症や他の病気や状態は、相互に影響し合うことがあります。

【作り話をする人病気】嘘をつく病気 障害の治し方

精神科医による診断と治療が必要

シバッタマン

精神科医に相談する方法については、以下の手順を参考にしてください。

項番概要内容
1医療機関の選定近くの精神科クリニックや病院を探す。インターネット検索や家族・友人の紹介で選定。
2予約電話やインターネットで予約を取る。初診時は症状を簡単に説明し、適切な診察日時を確認。
3受診病院に行き、受付で情報提供。初診時は問診票に症状を記入。
4診察医師に症状を正直に伝える。医師は適切な治療法やアドバイスを提案。
5治療医師のアドバイスに従う。処方薬は指示通りに服用し、定期的に通院して経過を報告。

初診時には、自分の症状や悩みをできるだけ正確に伝えることが大切です。

診察時には医師の質問に正直に答え、自分の作り話の内容や頻度、それによる生活への影響などを伝えましょう。

医師からのアドバイスにはしっかりと耳を傾け、治療方針に協力することが重要です。

また、作り話以外の症状もあれば伝えることをおすすめします。

作り話の背後にある心理的な要因を理解するためにも、できる限り自分の状況を正確に伝えることが大切だと思います。

このように、精神科医とのコミュニケーションを大切にし、治療方針に協力的であれば、作り話の問題を改善することができると考えられます。

ご相談される際は、できる限り詳細な情報をお伝えください。

心理療法やカウンセリングを受ける

心理療法やカウンセリングは、悩みや問題を解決するための手法であり、認知行動療法がその一例です。

かもみーる

かもみーるは、オンラインカウンセリングサービスを提供しており、医師監修のもとで心理士と相談できます。

科学的知見に基づいてあなたに最も適した心理士を紹介してくれます。ンラインカウンセリングは、いつでもどこでも悩みを相談できるため、利便性が高いです。

カモミールのオンラインカウンセリングでは、職場での人間関係の悩みや発達障害の疑い、心療内科を受診すべきかどうか分からない場合など、さまざまな悩みに対応しています。

また、24時間以内に専門家に相談できるため、迅速な対応が可能です。

カモミールは、心の悩みを解決するための便利なオンラインカウンセリングサービスです。自分に合った心理士と相談できるため、効果的なサポートを受けることができます

医師監修のもとで心理士がカウンセリングを提供しているため、作り話の問題に対して適切なアドバイスやサポートを受けることができると考えられます。

心理士は作り話の背後にある心理的な要因を分析し、作り話を減らすための適切なアドバイスや治療方針を提案してくれるでしょう。

作り話の問題に対して柔軟に対処することが可能です。

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
シバッタマン

かもみーるは医者にいかずご自宅から心の専門家に相談ができます。発達障害や適応障害に医師やカウンセラーがオンラインで対応しています

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 24時間以内に悩みを専門家に相談することができます
  • 発達障害や適応障害といった医師の監修のオンラインカウンセリングサービス
  • 心理士は臨床心理士・公認心理師を中心とした有資格者のみ在籍
  • 科学的知見からあなたに一番合った心理士をご紹介いたします。
  • プライバシー・個人情報の厳守が徹底されている
  • かもみーる」では、精神科医のオンライン診療(保険対応)です。

\ 精神疾患のオンラインのカウンセラーはこちら/

精神科医のオンライン診療にはなんと保険にも対応しています。

シバッタマン

ご自宅でカウンセラーだけでなく医師からの受診ができるのは、とても便利です。オンライン診療は、外出が困難な方や、遠方に住んでいる方にとっても有益です。

就労移行支援

就労移行支援事業所では、障害のある方が就職に向けた取り組みを行っています。

シバッタマン

作り話をする人がいるかどうかは、その人の個々の状況によりますが、就労移行支援事業所は、利用者が自立した就労を目指すためのサポートを提供しています

発達障害のある人が嘘をつくことは、詐欺師のような意図的な嘘ではなく、「思考・感情がそのまま口から出たもの」とされています。

 そのため、作り話をすることが問題となる場合、スタッフと相談し、適切な対応を取ることが重要です。

1位:リタリコワークス

シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICOワークスは「就労移行支援事業所」であることに対して、 LITALICO仕事ナビは「全国の就労移行支援事業所や就労継続支援事業所を 大量掲載している就職支援サイト」になります。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全

 LITALICOワークスでは長年の就労支援で培われたノウハウが詰まった、独自のプログラムは200種以上あります。

 キャリアチェンジにも対応したLITALICOワークス独自のオリジナルテキストもございます。

  ビジネスマナー、ストレスマネジメント、コミュニケーションスキルなど、働くための幅広い知識を身につけることができます

シバッタマン

LITALICOワークスから就職したは定着率がく、就業開始から6ヶ後の定着率は88%と、多くのが離職せずに働いています。

LITALICOワークスが提供している就労援の定着率がい理由として、定期的に就職者と企業の双にヒアリングを実施していることが挙げられます。

業務内容や勤務時間を調整し、継続的に働く環境作りをサポートすることで、LITALICOワークスの利用者は短期間で退職することなく働いているが多い模様です。


「企業に就職し、定着するまでがサポート」という理念を持ってスタッフがサポートしてくれるため、安心して利用することができるでしょう

ウェルビー

障害のある方のための就労支援事業所ウェルビーです。

シバッタマン

ウェルビーとは? 「障害のある方の就職支援」を行うプロフェッショナルセンターです。 精神障害・発達障害・身体障害・知的障害・難病などを抱える方の「働きたい」という想いを叶える事業を展開しています。

障害のある方の特性と個性を捉え、本当の意味で自立し、自己実現ができるように支援していく仕事です。

項目補足
運営会社ウェルビー株式会社
対象地域北海道 宮城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 長野県静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岡山県 広島県 愛媛県 香川県 福岡県 熊本県 長崎県 鹿児島県
事業所数(2022年/4月)101事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績累計 5731人 (2023年 1月)
就職実績(全体/2021年度)975人
半年定着率(2023年2月)90.5%
シバッタマン

就労移行支援welbe(ウェルビー)は業界のなかでは3本の手に入ります。

上場企業であり、東証マザーズにも上場しています。下記のように上場企業です。

シバッタマン

半年定着支援率が高い89.3%と非常に高いです。コロナで一時期通所が減ったものの、下記の図のように定着する人が増えています。

メリット③「オフィスワークシミュレーション」というビジネススキルを実践的に学べる

シバッタマン

ウェルビーでは「オフィスワークシミュレーション」というビジネススキルを実践的に学ぶことができます。具体的な内容は下記です。

メリット④ウェルビーからの就職先は大手企業の就職が多い

シバッタマン

ウェルビーは就職先を包み隠さず公表していますが、下記の通り大手企業ばかりです。

【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー
 welbe(ウェルビー)の就職までの流れは?

株式会社ソフマップ  株式会社東京デリカ  日本年金機構 アマゾンジャパン株式会社  ANA
エンジンテクニクス株式会社  株式会社ニチイ学館 国立国際医療研究センター  日立建機株式
会社 シャネル  バナナリパブリック  内閣府   GAP  株式会社CBS 株式会社赤ちゃん本舗
株式会社KDDI エボルバ 株式会社島忠 東建コーポレーション 株式会社DTSパレット

就労支援だけあり、体調が悪かったり、生活リズムを整えたり、就職活動に備えたりなど、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない方も中にはいると思います。

シバッタマン

ウェルビーでは、訓練や就職活動に集中していただくために、ご希望される皆さまに、カロリー計算されていてヘルシーで栄養バランスのとれたお昼を提供いたします。

ミラトレ

パーソルダイバースが提供する就労移行支援のサービスブランド名となります。

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバースは、パーソルグループの特例子会社です。

障害のある方一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、 職業準備性を高めるためのトレーニングを提供する。就職した先の定着までを見据えた就労移行支援を行う、という想いを込めて名付けられました。

なんと1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しています。

項目内容
社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売

パーソルダイバース株式会社では本サイトでも紹介していますDODAチャレンジも運用しています。

DODAチャレンジの口コミ・評判の記事は下記となりますのでご確認ください。

シバッタマン

就労支援ミラトレではでは、幅広いお悩みに対応する多彩なトレーニングプログラムをご用意しています。実際の職場をイメージした擬似就労プログラムで自身の得手不得手の理解を深め、講座プログラムでその対処方法を学べます。

 支援員がお困りごとを丁寧にヒアリングし、まずはご本人の意志や課題に合わせて目標を設定します。

 それを達成するために必要な個別支援計画を作成します。はたらくための力(=職業準備性)を身に付け、安定してはたらけるようになるまで、それぞれの症状やご意向に見合ったサポートをご提案します。

ミラトレの全体の就職率は98%と、とても高く評判です

これはほとんどの人がミラトレを通して就職に成功しているということです。

シバッタマン

ミラトレを利用している人がほとんどミラトレを経由して就職がきまるというのは凄いことなんです。

「就労移行支援って就労支援する」と思う人もいるかもしれません。

ただ、就労移行支援から一般就労をした利用者の割合が50%以上の事業所は全体のたった52.9%なんです。

下記は厚生労働省のデータになります。

画像引用元;厚生労働省|平成30年度社会福祉施設等調査サービス利用終了者に占める一般就労への移行者の割合

年数割合
平成28年46.3%
平成29年48.3%
平成30年52.9%
シバッタマン

この高い就職実績も上記で説明した障害のある方に特化した就職・転職支援サービス「dodaチャレンジ」がグループ会社にいることも大きいでしょうね。

「dodaチャレンジ」は、業界最大級の求人を保有しているため、ハローワーク求人以外の選択肢も多彩にあります。 

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバース株式会社が特例子会社です。障害者も多く働いているため理解がとてもあり、利用者をサポートする場面も把握しています。

パーソルグループの特例子会社。1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しているのです。

そのなかでミラトレでは8つのこだわりがあるようです。

ミラトレがこだわる事例は下記です。

自己理解や自己受容を高める

シバッタマン

作り話や妄想などの症状を減らすには、その人の自己理解と自己受容を高めることが重要だと考えられます。

 作り話は、現実とのギャップを埋めたり、孤独感や劣等感を補完したりするための手段として使われることがあります。

 そのため、自分を大切に思い、現実をあるがままに受け入れる力をつけることが、作り話への依存を減らすのに効果的だと考えられます

シバッタマン

具体的には、上記でもおつたえしましたが、カウンセリングや認知行動療法などの心理療法を受けることで、自分の長所や短所を理解し、現実との乖離を認識する力を養うことができます。

また、家族や支援者とコミュニケーションを取り、自分を受け入れてもらう経験を積むことも大切です。

趣味活動やスポーツ、ボランティアなどを通じて、自己肯定感を高めることも効果的です。これらの取り組みを通じて、自分らしさを発揮し、他者とのつながりを実感することが、作り話への依存度を下げるのに役立つと考えられます。

【作り話をする人病気】よくある質問

作り話をする病気は?

シバッタマン

作り話をする病気とは、一般的には虚言癖や演技性パーソナリティ障害、作為症(ミュンヒハウゼン症候群)などが挙げられます

言癖は、嘘をつくことが習慣化してしまった状態で、パーソナリティ障害と関連があることが示されています。

 演技性パーソナリティ障害は、他者からの注目を集めるために作り話をする障害で、周囲からの評価や関心を得ることで自己肯定感が高まります。

 作為症(ミュンヒハウゼン症候群)は、自分や他者が病気であるという症状を捏造する精神疾患で、明確な外的報酬がないにもかかわらず、身体的または精神的な症状を作り出すことが特徴です。

病気だと嘘をつく病気は?

シバッタマン

作り話をする病気には以下のようなものがあります。

病気名特徴
虚言癖嘘をつくことが習慣化してしまった状態。パーソナリティ障害と関連がある。
演技性パーソナリティ障害周囲からの注目を集めるために作り話をする障害。自己肯定感が高まることが目的。
作為症(ミュンヒハウゼン症候群)自分や他者が病気であるという症状を捏造する精神疾患。外的報酬がないにも関わらず症状を作り出す。
反社会性パーソナリティ障害結果や他者の権利を軽視し、自分の望むことを得るために嘘をつく特徴がある。

虚言癖のある人の特徴は?

シバッタマン

虚言癖の大きな特徴としてまず挙げられるのは、嘘をついている自覚がない、または自覚が通常よりも薄いという点です。

小さな嘘から大きな嘘まで、ありとあらゆる嘘を平然とつき、悪気がない場合も多いです。

実際、嘘をつくことに対してまったく自覚がなく、思いもよらず虚偽の情報を提供します。

言葉や表情の一つ一つに信憑性があり、まるで真実を語っているかのように錯覚させます。

また、虚言癖を持つ人々の嘘は非常に自然です。彼らは嘘をつく技術を極めており、嘘をつくことが生活の一部となっています。

日常の会話から重要な局面まで、彼らの言葉は周囲に疑いの余地を与えません。そのため、嘘と現実の境界があいまいになり、彼らの嘘に騙されることも珍しくありません。

虚言癖の人々は悪意を持って嘘をつくのではなく、単に自分の都合やイメージを保つために嘘をつくのです。

嘘は現実を美化し、自分自身のイメージを守るための手段です。そのため、嘘をつくことによって他者を傷つける意図はなく、むしろ周囲の人々を安心させることが目的なのです。

したがって、彼らの嘘は常に極めて自然であり、嘘と真実の区別が曖昧になっているケースもあります。

虚言癖の人々は嘘をつくことに対して自覚がなく、まるで真実を語っているかのような口ぶりで嘘をつきます。

そのため、嘘を見破ることは容易ではありません。彼らの言葉に対しては疑いを持ち、慎重な判断を行う必要があります。

まとめ:【作り話をする人病気?】嘘をつく人病気障害?治し方や心理

今回の記事では、作り話をする人が病気かどうか、その心理や治し方について解説しました。

私自身も過去に作り話をすることが多く、その理由を探ることができました。

作り話をすること自体が直ちに病気とは限りませんが、病的なほどに頻繁になる場合は精神疾患の可能性があります。

代表的な病気には演技性パーソナリティ障害や作為症があります。

作り話の背後にある心理には、承認欲求や孤独感などが関係していることが分かりました。

治療では、精神科医の診断と治療が必要になる場合があります。心理療法やカウンセリングも効果的です。

また、自己理解と自己受容を高めることが大切です。

作り話への依存を減らすには、自分を理解し、現実を受け入れる力が必要だと感じました。

適切な支援を受けることで、作り話の問題は改善できます。前向きな気持ちを持って取り組みましょう。

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
シバッタマン

かもみーるは医者にいかずご自宅から心の専門家に相談ができます。発達障害や適応障害に医師やカウンセラーがオンラインで対応しています

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 24時間以内に悩みを専門家に相談することができます
  • 発達障害や適応障害といった医師の監修のオンラインカウンセリングサービス
  • 心理士は臨床心理士・公認心理師を中心とした有資格者のみ在籍
  • 科学的知見からあなたに一番合った心理士をご紹介いたします。
  • プライバシー・個人情報の厳守が徹底されている
  • かもみーる」では、精神科医のオンライン診療(保険対応)です。

\ 精神疾患のオンラインのカウンセラーはこちら/

精神科医のオンライン診療にはなんと保険にも対応しています。

シバッタマン

ご自宅でカウンセラーだけでなく医師からの受診ができるのは、とても便利です。オンライン診療は、外出が困難な方や、遠方に住んでいる方にとっても有益です。

【作り話をする人病気?】嘘をつく人病気障害?治し方や心理

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次