MENU
退職代行と転職で悩む人をサポートする総合サイトです。

インフラエンジニアついていけない理由と対処を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

インフラエンジニアになったけどついていけない、やめようかな。。。

インフラエンジニアの仕事に向き不向きを感じることもあるかもしれません。インフラエンジニアとして自分に課せられた仕事についていけない、そんな風に感じていませんか?

私もかつて、第二新卒でインフラエンジニアとして働き始めた頃は、同じような悩みを抱えていました。

でも、あなたは一人じゃありません。多くのインフラエンジニアが、同じような困難に直面しているのです。

そして、私を含めたみんなが、努力と工夫を重ねて少しずつ成長してきました。

今日は、私自身の経験も交えながら、インフラエンジニアとして悩みを抱えているあなたに、少しでも力になれるようなアドバイスをお届けしたいと思います。

シバッタマン

インフラエンジニアとして日々悪戦苦闘していて自分に課せられた業務についていけない人向けの記事になっています。

インフラエンジニアの仕事は難しいことも多いですが、自分自身を成長させるチャンスでもあります。諦めずに粘り強く取り組むことで、必ず乗り越えられる壁なのです。

私もインフラエンジニアについていくのに必死だった時期もありました。

でも、めげずに頑張り続けたことで、少しずつ仕事を任されるようになり、自信がついていきました。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • npo法人発達障がい者を支援する会(チームシャイニー)
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と6歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

インフラエンジニアついていけないといわれる業務内容は?

インフラエンジニアはついていけないの?仕事内容は?

シバッタマン

インフラエンジニアでもオンプレミスからクラウドに変化を遂げています。SREとDevOpsは、いずれも開発スピードだけではなく、ソフトウェア・サービスの品質を向上するための開発手法です。

インフラエンジニアは、コンピュータシステムのハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどのインフラを設計・構築・運用・保守する仕事です。

そのため、インフラエンジニアとして活躍するためには、コンピュータシステムの基礎的な知識や技術を習得しておく必要があります。

これらを導入することで、「ビジネスの変化に適応可能なスピードを重視する開発部門」と「安全性・安定性を重視する運用部門」の間のギャップの解消が期待できます。

開発・運用するソフトウェア/システムによってビジネスの価値をより高めるだけでなく、そのビジネスの価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーに届け続けるという概念があります。

運用チームと開発チームとともに仕事をする

安定したサービス稼働を志向する運用チームと、開発を次々進めたい開発チームの対立が大きくなりがあります。

開発プロセスの円滑化までを担当する点においては、従来のインフラエンジニアと異なりさらに上級のスキルが必要になるでしょう。

何かしらの不具合があった場合、プログラムに詳しくない運用者は対処や報告に苦慮するでしょう。

インフラエンジニアついていけないといわれる理由は?

インフラエンジニアついていけないといわれる理由は?

理由①.周囲のメンバーより技術的な知識やスキルが不足している

シバッタマン

インフラエンジニアとしてのスキルを伸ばすための環境は会社に所属するまでもなく、PCとインターネット環境があれば誰でも開発できて伸ばせる状況にあります。

インフラエンジニアとして技術的な知識やスキルが不足していると、仕事に追いつかず、ミスをしたり、トラブルが発生したりする可能性があります。また、インフラエンジニアとしての成長も遅くなる可能性があります。

インフラの場合だとAWSなどのクラウドの技術で誰でも触れることができるようになりました。

昔はオンプレスの時代でインフラ製品が高くてとてもサラリーマンでは購入できるものではなく、クラウドになり容易に簡単になったと思うのですが、それでもアプリケーションエンジニアのように目に見えないものを作っていくのが難しいと関します。

また、入社した時点でも新人同士でも場合によってはかなり差があるでしょうし、数年先輩でもポッと入ってきた新人のほうがスキルがあるということは珍しくありません。

しょうがないことなのです。これは私は客先常駐でインフラエンジニアになったとお話をしましたが、大企業からの新人は高額な研修を受けて、現場に訪れます。

独学で資格を取ったわたしだけだと体験談では新卒にすぐに抜かれることがありました。

私の体験談として対処としては…

インフラエンジニアの対策
  • 分からないことは聞いて吸収していく。
  • マネージャーに現時点で自分はどれくらいの能力や成果を求められているか聞いて逆算して動く。
  • プライベートの時間も自己研鑽にはげむ

自分より仕事が出来る人が周りにいることはチャンスとも考えらえます。

どんどん聞いていって自分のスキルを伸ばしていきましょう。やる気があって聞いてくる人を無下に扱う人はそうそういないはずです。

シバッタマン

自分の中で明確になりたいインフラエンジニア像があれば別ですが、特になければマネージャーに現時点でどれくらいのスキルや成果を求められているか聞いてみましょう。

それで今の頑張りでも問題なければ変に焦る必要はありません。

スキルなど不足しているのであればプライベートの時間を使用して自己研鑽するしかありません。

知識やスキルの習熟は時間がかかるものなので焦らずやっていくことが大事だと思います。

理由②.振られている業務をこなせる経験がない

このケースは、自社で開発している場合は自分より仕事が出来るメンバーや上の人に聞いたりすれば解決していきます。

そもそもスキルが不足しているのに、そのような業務内容を割り振られている時点でマネージャーの理解不足の面もあります。

振られている業務をこなせる問題は経験上で、SES、客先へ単独で常駐している場合です。

経歴にどうしようもないレベルでウソをついている場合はどうしようもないと思います。

シバッタマン

そうでない場合は、周囲の人との人間関係を作っていき、困った場合にお互いに助け合えるようにしておくことが大事だと思います。

経験年数にもよりますが、インフラ技術について何でも知っている人はいませんので、周囲の人の力を借りられるような人間関係を作っておくことは非常に大事だと思います。

理由③.スケジュールに余裕がない

シバッタマン

勘違いしている人がインフラエンジニアには多いような気がするのですが、スキルの高さは万能ではありません。
1人でこなせる業務量には限界があります。

そもそもの見積もりの時点や人数が不足していて、結果的に炎上している…そのような状況に置かれて無力感を感じて、ついて行けていないと感じる人がいるようです。

しかし、この場合は冷静に落ち着いて分析してほしいです。あなたのスキルが不足しているのか、そもそもリソースなどが不足しているのか。

理由④.スキルの進歩が速く技術のキャッチアップが出来ない

シバッタマン

数年やってみたけどインフラエンジニアが思ったより身につかない。相変わらずついて行けていないと感がている人もいるでしょう。

また、いつからかインフラエンジニアとしての技術のキャッチアップが出来なくなり先行きが不安になってきたという人は多いのではないでしょうか。

理由⑤年齢による体力の衰えや興味関心の薄れ

シバッタマン

これは今の私ではとても出来ないのですがインフラエンジニアは夜勤が多いです。40代になった私にとっては大変です。

体力の衰えや興味関心の薄れもあると思います。

この場合は、一旦自分を見つめ直してインフラエンジニアという軸はズラさずにマネージャーや営業職に目を向けてみたり、別業界のことに目を向けてみるのもよいでしょう。

理由⑥.インフラエンジニアは夜勤が多い

上記の内容と似ているところもありますが。。

インフラエンジニアがきついと考える理由は⑨番目の理由はトラブルが起きてすぐ対応するのがです。

インフラエンジニアの仕事は順調に進んでいても、突発的な問題や障害対応が頻繁に発生します。結果として夜勤になることが多いです。また、インフラの改修作業も夜勤が多いです。無事に完了したと思ったら「エラーが発見される」「クライアントから急に仕様変更の指示が入る」といったアクシデントは珍しくありません。


最初からやり直すことになっても納期を変更できなければ徹夜や休日出勤で埋め合わせが必要です。

緊急対応が求められプライベートの予定がキャンセルになってしまうこともあります。

シバッタマン

インフラエンジニアは今でもオンプレミスで構築している企業もあります。機械なので壊れることが多く障害があったら休日も深夜も関係ありません。

お客様に呼び出されシステムを復旧することが優先されます。

クラウドでだいぶ改善されましたが、私は休日対応や深夜作業は当たり前でしたね。

インフラエンジニアの夜勤についての私の体験談は下記に記載しています。

理由⑦アプリケーションのように成果を実感しづらい

シバッタマン

インフラエンジニアとして働いていると、Webアプリケーションのように成果物が画面に表示されないため、自分の成果を実感しづらいと感じてしまうことがあります。

また、私の体験談ではWEBアプリも体験しましたが、インフラはpingなどのツールで確認を行うことが多いため、目に見えて成果が分かりづらいことも、モチベーションを下げてしまう原因の一つかもしれません。

インフラエンジニアには目に見えないからこそやりがいがあるんですけどね。

論理的思考をよりもとめられますし。

理由⑨目立たたないことが多いため、評価が低い

シバッタマン

インフラエンジニアの仕事は、目立たないことが多いため、評価が低いと感じている方もいるかもしれません。

私の体験談でもありますが、アプリエンジニアやクライアントから、インフラエンジニアの仕事が動いて当たり前と思われていることがあります。

しかし、インフラエンジニアの仕事は、決して動いて当たり前ではありません。

常に新しい技術を学び、自分のスキルを向上させています。

理由⑩ .残業が多くて業務が激務で体力が持たない

シバッタマン

IT業界は未経験に限らず「残業が多い」とか「肉体的精神的にもきつい」だとか、「本当に好きな人くらいしか楽しめない」などといった評価があります。

IT業界って大丈夫かなとしんぱいになりますよね。プログラマーはきつい、きつくないは人にもよりますし、企業にも大きく左右されます。

下記はIT業界のざんぎょおう時間です。激務ですね。

引用元:IT業界の足を払う残業時間が激務(DODA)

また、繁忙期があり、納期の前は忙しく、それ以外は IT業界では仕事がなく残業が全く発生しないという露骨な業種がプログラマーなのです。

あなたも一度、 IT業界の友人がいれば他人に聞いてみるのもいかがでしょうか。

理由⑪:予想外トラブルについていけない

シバッタマン

インフラエンジニアでも、外的な攻撃から保護するためにもセキュリティが求めらることが多いです。

不正アクセスやハッキングなどの外部攻撃から、重要なデータの流出などを防ぐためです。こちらもインフラエンジニアの仕事です。

セキュリティの脆弱性や外部攻撃から保護し、不具合が発生した場合に適切な対処がとれるテストスキルを持った人材は、非常に重要になります。

シバッタマン

インフラエンジニアの場合、最近ではクラウド上のインスタンスに新しく環境構築し、そこから保守・運用を行うためにはLinuxサーバー運用の知識と経験が必要になってきます。

脆弱性が見付かった際にはパッチを当てる等の対応が当然求められますので、トラブルを抑えたサービス運営のために必要となります。

セキュリティのトラブルの場合はトラブルが突然発生しますので、常に緊張があります。

理由⑫インフラエンジニアもプログラミングをやらなくてはならなくなった

シバッタマン

インフラエンジニアがついていけなくなる理由はいくつか考えられますが、プログラミングもやらなければならなくなったことが一因であると考えられます。

近年では、インフラエンジニアの仕事にプログラミングが不可欠になってきています。

オンプレ時代になかったのですが、クラウドコンピューティングや仮想化技術などの技術革新により、インフラエンジニアがプログラミングを使わないとシステムを設計・構築・運用・保守することが難しくなっているためです。

いまAWSでもプログラミング必要です。

AWSのAPIを使用して、AWSのサービスを自動的に操作したり、新しいインフラストラクチャをプロビジョニングしたりすることができます。これは、オンプレ時代にはなかった機能です。

オンプレ時代のインフラストラクチャは、ハードウェアを調達し、設置し、ネットワークに接続し、ソフトウェアをインストールし、設定することで構築されていました。

AWSでは、APIを使用して、これらのプロセスを自動化することができます。これにより、インフラストラクチャをより迅速かつ効率的に構築することができます。

理由⑬:SES契約が多く、他社の人ばかりで研修がない

SES契約とは、システムエンジニアを派遣する契約のことです。

 SESエンジニアは、派遣先の会社でインフラエンジニアとして働くことになりますが、派遣先の会社には、インフラエンジニアの研修制度がない場合もあります。そのため、SESエンジニアは、自ら勉強して技術を習得する必要があります。

シバッタマン

SESエンジニアは、派遣先の会社でインフラエンジニアとして働くため、他社の人ばかりと仕事をすることになります。

SESについては下記に私の体験談も含めて記載しています。

インフラエンジニアついていけない場合の対処方法!

【インフラエンジニアついていけない?】辞めたいの対処方法!

対処方法①udemyなどで自分のレベルに合った勉強方法を見つける。

Udemyのセールや割引は、インフラエンジニアの勉強に役立てることができます。

シバッタマン

Udemyでは、定期的にセールや割引を行っています。そのため、気になるコースがバーゲン価格で購入できることがあります。

Udemyのコースでは、インフラエンジニアの経験者から直接学ぶことができます。

オンライン学習サービスは、自分のペースで学習できるので、忙しい人でも学習を継続することができます。また、世界中の講師から学ぶことができるので、幅広い知識を身につけることができます。

対処方法②実際に自分で環境を構築してみる

シバッタマン

インフラエンジニアについていけないと感じている場合、実際に自分で環境を構築してみるのは良い方法です。

昔はインフラ機器は高価だったため、個人で環境を構築するのは困難でしたが、現在ではAWSやGCPなどのクラウドサービスが登場したことで、個人でも簡単に環境を構築することができます。

AWSやGCPなどのクラウドサービスは、無料で利用できる枠が用意されているため、まずは無料で試してみて、自分に合っているかどうかを判断することができます。

Webサーバ、データベース、ストレージなどのインフラ機器を簡単に構築することができます。また、これらのクラウドサービスは、スケーラブルなので、利用状況に応じてインフラ機器を増減させることができます。

クラウドサービスは、従量課金制がほとんどのため、利用料金が明確で、予算を立てやすいというメリットもあります。

 また、クラウドサービスには、多くのドキュメントやチュートリアルが用意されているので、自分で勉強しながら環境を構築することができます。

対処方法③最新スキルの習得のためスクールに通う

インフラエンジニアでは多くのスキルが身に着けることができます。

インフラを学びなおすためにスクールをうまく活用するのもよいかもしません

一人だけで勉強すると未経験では時間がかかってしまい、間違った方向へすすんでしまう可能性があります。

無料体験などで現状のスキル感・悩み・キャリアプランなどを相談してみるのはいかがでしょうか。未経験であることを伝えば、あなたにとってもっともよいカリキュラムを組んでもらうこともあります。

転職サポートをしてくれるところも多いスクールもおおいです。スキルアップだけでなく転職も選択肢に入っている方にとってもおすすめできます。

最近ではDevOPSがはやっており、

Chef / Puppet / Ansibleの実務経験がある、または他同様のツールでの実務経験が求められます。経験者の母数が少ないためか、試した事がある、興味がある人の募集も散見できます。

また、オンプレミスよりもAWS/Azure等のパブリッククラウド利用経験が重要視されます。本当に多くの知識やスキルを身に着けることが可能となります。

対処方法④プログラミングの知識が身に着ける

プログラミングの言語は、大きく分けてスクリプト言語とコンパイラ言語の2つがあり、DevOpsエンジニアにとって必須となる構成管理ツールなどは、主にスクリプト言語が使用されています。

スクリプト言語でのプログラミング経験は必須です。

ほとんどの構成管理ツールはスクリプト言語で設定情報を記述します。

シェルスクリプトの利用機会も多い為、サーバーサイドでシェルを使ったプログラミング経験もあると歓迎されます。

インフラエンジニアの資格を目指すならLinuC


ウズウズカレッジではインフラエンジニア(特にサーバーエンジニア)を目指す求職者にとって 非常に有利になる「LinuC」という資格を取得するためのITスクールです。もっとお手頃に、気軽に、 自分のペースでITスキルを身につけられるサービスです

 20代の就職サポート実績は17,500人以上 UZUZでは、創業以来20代の若者向けの就職支援サービスを提供しています。 特に「未経験からITエンジニアへの就職支援」に強みがあり、プロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを 提供。

対処方法⑤社内SEのインフラ周りに転職する

シバッタマン

私の体験談でもありますが、インフラエンジニアには社内SEの仕事も多いです。

社内SEは、企業の内部システムを運用・保守する仕事です。インフラエンジニアと似た仕事内容ですが、インフラを外注しているため、夜勤や休日出勤の負担が少ない傾向にあります。

社内SEは、企業の内部システムを運用・保守する仕事です。

社内SEの就職先は、企業のIT部門やシステム開発会社などです。就職難易度は、企業や職種によって異なりますが、インフラエンジニアよりも就職しやすい傾向にあります。

ただ、私も社内SEのインフラエンジニアの経験もありますが、大変ではあります。体験談は下記に記載しています。

対処方法⑥他の部署の仕事をして経験を積んでみる

インフラエンジニアとして働き始めた頃、私はとても辛かったことを覚えています。

シバッタマン

 技術的な知識や経験が不足しており、上司や先輩に追いつくのが大変でした。また、夜勤や休日出勤も多く、体力的にも精神的にも疲弊していました。

そんな中、私は他の部署の人と仕事をする機会に恵まれました。

インフラエンジニアについていけないと感じている場合は、他の部署の人と仕事をしてインフラを経験しながら、自分の興味や適性に合った仕事を見つけるという方法もあります。

 たとえば、システム開発部やアプリケーション開発部でインフラの仕事に携わることで、インフラエンジニアとしてのスキルを身につけながら、自分の興味や適性に合った仕事を見つけることができます。

シバッタマン

私自身も、他の部署の人と仕事をしたり、新しい分野を学んだりすることで、自分の興味や適性に合った仕事を見つけることができました。

今は、Webマーケティングのフリーランスとして活動しています。

インフラエンジニアについていけないと感じている場合は、一人で悩まずに、周りの人に相談することも大切です。

対処方法⑦転職エージェントに相談する

「インフラエンジニアという仕事そのもの」は、どの会社で働いても業務内容は同じです。アマゾンのAWSであったりGoogleのGCPであったり使う技術はどこも一緒です。

シバッタマン

システムエンジニアに比べても顧客とのやりとりも大きな差がありません。

その上で、インフラのスキルがある人は、限られています。

「インフラの仕事は好きだけど、今の職場の人間関係やルールが合わない」という悩みが生じたときに、「自分により合う他の会社に転職して、インフラエンジニアとして働き続ける」ことが、他の職種よりもしやすいと言えるでしょう。

ただし、「スキルを身につける」ためには、真面目に働くことと、新しい知識や技術の勉強を続けていくことが大切です。

シバッタマン

転職を考えている場合の転職エージェントもご紹介します。

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

【インフラエンジニアついていけない?】よくある質問

【インフラエンジニアついていけない?】よくある質問

インフラエンジニアとして働いていますが、スキルが周囲のメンバーより不足していると感じて辞めたくなってしまいます。

シバッタマン

技術的な知識やスキルの不足を感じている時、何よりも大切なのは自分自身のスキルを向上させるための学びです。

 オンラインのプラットフォーム、例えばUdemyなどを活用して、自分のレベルに合った勉強方法を見つけてみましょう。

 さらに、実際に自分で環境を構築してみることで、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができます。

これにより、技術的な知識やスキルが周囲のメンバーよりも優れたレベルに達すると、自分自身の成果を出すことができ、自信を持って仕事を進めることができるようになります。

インフラエンジニアとして働いていますが、業務が激務で体力的にも精神的にも持ちません。夜勤も多く、なかなか休息がとれません。どうしたらいいでしょうか?

シバッタマン

あなたの体力と精神の負担を考えると、現在の仕事環境があなたに合っていない可能性があります。

 その場合、夜勤の少ない社内SEのインフラ周りに転職することを考えてみてください。

また、転職エージェントに相談するのも一つの選択肢です。

転職などのエージェントは、あなたの現在のスキルや経験、希望の働き方を考慮した上で、適切な転職先を提案してくれます。

これにより、自分に合った働き方を見つけ、体力的、精神的な負担を軽減することができます。

SES契約が多く、他社の人ばかりで研修がなく、なかなか仕事についていけません。何か良い対処方法はありますか?

シバッタマン

自分の成長に直接関わる研修がない場合、自己啓発が一つの解決策となります。

 最新のスキルを身につけるためにスクールに通うことを検討してみてください。

 また、インフラエンジニアの資格、例えばLinuCなどを目指すことも効果的です。

自分自身で知識を深め、新たな技術を習得することで、他社の人々ともしっかりと対等に仕事をこなせるようになるでしょう。

それにより、SES契約が多く他社の人ばかりである環境でも、自信を持って業務を遂行することができます。

まとめ:インフラエンジニアついていけない理由と対処を紹介

いかがでしょうか。

今回の記事はインフラエンジニアついていけない理由と対処を紹介についてお伝えしました。

インフラエンジニアから転職をしたい、向き不向きなどを考えるエンジニアは多いかとおもいます。その場合にはすぐにインフラエンジニアを辞めてよいか考えてみて、本当にやめてよいのかどうかかんがえてみるのもよいかもしれません。

この記事はあなたのインフラエンジニアのキャリアパスに役立つことを願っています。

インフラエンジニアついていけない場合の対処方法!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次