MENU
退職代行と転職で悩む人をサポートする総合サイトです。

【退職代行ガーディアンは失敗?】注意点は?違法・詐欺は大丈夫?

当ページのリンクには広告が含まれています。

退職代行ガーディアン失敗を防ぐには原因を聞きたい人もいるでしょう。

退職代行ガーディアン>の失敗は、弁護士が在籍していないことで失敗されている人がいます。退職代行ガーディアンを利用する際は、こうした制限を認識しておく必要があります。

退職代行ガーディアンが失敗とキーワードがありますが、労働組合の支援を受けた「信頼できる業者」です。

法律の問題場あれば弁護士が在籍していれば、法的な問題への対応力が高くなります。

本記事を読むことにより、情報力と交渉力を高めることが退職代行ガーディアン失敗を防ぐ近道です。

一人で悩まずに、専門家に相談することから始めましょう。

それが退職代行ガーディアン失敗を防ぎ、望む退職を勝ち取る近道なのです。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • npo法人発達障がい者を支援する会(チームシャイニー)
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と6歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示

法的合の労働組合に相談/

目次

【退職代行ガーディアンは失敗?】注意点は?違法・詐欺は大丈夫?

対応エリア全国
時間帯365日・24時間
相談方法LINE・電話
利用料金一律29,800円
支払い方法クレジットカード・銀行振込
職場との交渉可能可能
労働組合名東京労働経済組合
代表者氏名長谷川義人
住所東京都新宿区四谷1-15
アーバンビルサカス8 B棟1階3号室
公式サイト退職代行ガーディアン

①退職代行ガーディアンは違法ではない

退職代行ガーディアンは弁護士はいません。ただ、退職代行ガーディアン違法を全く行っていません。

退職代行ガーディアンは使者(第三者)を使っての伝言や代理人による交渉は法適合組合の合同労働組合です。

犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性大です。安心してスムーズに退職するのであれば法適合の合同労働組合や弁護士に頼むことが重要です。

シバッタマン

退職代行ガーディアンは違法でないと明言しています。

退職代行ガーディアンのプレリリース

違法業者や詐欺業者の注意喚起を大々的にすることで業界の健全化を計り、利用者が安心できる環境づくりのためと、当組合であれば法的に問題なく利用者の代理となり交渉をすることができるので「退職代行ガーディアン」を開始することになりました。

②退職代行ガーディアンは東京労働経済組合の退職代行

退職代行ガーディアンに申し込むと、東京労働経済組合に加入する形になります。1ヶ月で労働組合員としての資格はなくなりますが、追加料金を支払えば組合員としての資格が続きます。

シバッタマン

退職代行ガーディアンは非常に便利なサービスですが、退職に関する手続きは慣れない人にとっては面倒なものです。

 しかし、東京労働経済組合が代行することで、様々な手続きをスムーズに進めることができます。

 例えば、東京労働経済組は退職手続きに必要な書類の作成や提出、企業側との連絡・交渉などを、が代行することができます。

項目内容
組織名東京労働経済組合 (略称:TRK)
執行委員長長谷川 義人
本部〒160-0004 東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8 B棟1階3号室
設立1999年9月27日
法人番号8011305000569
head_custom

退職代行ガーディアンは法適合の労働組合であり違法性はない

シバッタマン

退職代行ガーディアンは東京労働経済組は法適合の労働組合です。法的に認められた労働組合は、労働者が団結して職場での権利を保護する組織です。

労働組合法に基づき、東京都労働委員会に認証を受けた団体であり、法的に何の問題もなく、労働者の代理で交渉ができるため違法性はありません

参考元;法適合労働組合(東京労働委員会)

 退職希望者の代理になったり、企業との交渉を行えることが法律で定められているため、安心して退職代行を任せられます。

また、退職代行ガーディアンを利用することで、退職に関するストレスを軽減することもできます。

 特に、退職に関するストレスが原因で体調を崩すことがある方には、このサービスを利用することをお勧めします。

当組合は様々なお問い合わせに対応していますので、何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

対応エリア全国
時間帯365日・24時間
相談方法LINE・電話
利用料金一律29,800円
支払い方法クレジットカード・銀行振込
職場との交渉可能可能
労働組合名東京労働経済組合
代表者氏名長谷川義人
住所東京都新宿区四谷1-15
アーバンビルサカス8 B棟1階3号室
公式サイト退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンの労働組合である東京労働経済組合は下記について詳しく記載してあります。

【退職代行ガーディアンの注意点や失敗】あるの?

退職ガーディアン
退職ガーディアン

①退職金は交渉はできる

シバッタマン

退職金に関しても、労働組合は労働者の利益を代表し、企業との交渉を行うことがあります

 退職金の支給基準や金額、支払い方法などについて労働者の意見や要望を取りまとめ、企業側との交渉を通じて最善の条件を目指します。交渉の結果、労働組合が退職金の増額や条件改善を実現することもあります。

退職金の交渉ができるのは一般の退職代行より便利かと思います。

ただ、退職金の支給や交渉には企業の方針や労働法規に基づく要件が存在する場合があります。そのため、具体的な条件や交渉の可否は労働法や労働組合の規約、労働契約書などに基づいて判断されます。

退職金の支給には企業の方針や経済状況、労働条件など様々な要素が関与するため、一概に「もらえる」と断言することはできません。

シバッタマン

労働者は、労働契約や労働組合との協定を確認し、自身の権利や条件について理解することが重要です。

①労働契約に労働条件を明示が必要

シバッタマン

労働契約において、使用者は労働条件を明示する義務があります。具体的には、賃金、労働時間、就業場所、業務内容、休憩時間、休日、休暇、交替勤務などの労働条件を明示しなければなりません。これらを明示しない場合、罰則の対象となります。

「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。」 

引用元:退職代行ガーディアンの退職金労働基準法第15条第1項(厚生労働省)

労働基準法においては、退職金の具体的な支給についての明示的な規定は存在しません。

 退職金の支給については企業の方針や規定により決定されます。労働基準法では、退職金の支給に関する具体的な規定が存在しません。働基準法には労働者の権利や労働条件に関する規定が含まれており、労働者の保護や労働環境の整備を目的としています。

労働基準法は労働者の権益を保護するための法律ですが、具体的な退職金の支給に関する規定は含まれていません

退職金の支給は、企業の就業規則や労働契約などに基づいて行われます。各企業は自身の方針や規定に従って退職金を支給することが一般的です。

 退職金の支給は企業ごとに方針や条件が異なるため、労働契約書や労働組合との労使協定などに基づいて取り決められることが一般的です。

 景気や企業の経済状況などの要素によって、退職金の支給額や条件が変動することはあります。

 特にボーナスや退職金は、企業の業績や経済状況に応じて変動することが多いです。景気の好悪や企業の財務状況などが影響を与えるため、支給額や条件は年度ごとに変動することがあります。

リーマンショックの影響を受けたJALのような企業では、経営再建の一環として退職金の見直しや削減が行われることがありました。

 このような場合、労働組合は労働者の権益を守るために交渉や抗議活動を行うことがありますが、最終的な決定権は企業側にあります。

シバッタマン

退職金などの労働条件に関して、労働組合や専門家との相談を通じて自身の権益を守ることが重要です。個別のケースにおいては、具体的な労働条件や法的な規定を考慮しながら、最適な対策です。

法的合の労働組合に相談/

【退職代行ガーディアンは失敗?】法的に大丈夫?

パワハラによる被害があると認められれば慰謝料を請求ができない

シバッタマン

一般的に労働組合には専門の労働法律家や労働問題に精通したスタッフが在籍しており、法的アドバイスや労働問題の解決のための支援を行っています

労働組合は労働者の代表として交渉や調停に取り組み、会社との合意を促進することが主な役割です。

弁護士としての資格を持つ者が直接労働組合に在籍している場合はいません。労働組合は外部の弁護士や法律事務所と連携して法的手続きを進めることになります。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:弁護士法第72条(E-GOV)

 労働組合が裁判を行う場合は弁護士を代理人として選手する必要あり

シバッタマン

弁護士は法的な知識や専門的なスキルを持ち、労働組合を助けるために法的手続きや代理人業務を担当します。労働組合に法的アドバイスや労働法に関する専門知識を提供し、裁判において労働組合を代表して訴訟手続きを行います。

 労働組合が裁判を起こす場合、弁護士の役割は非常に重要であり、訴訟戦略の立案や法的な論点の整理、法廷での主張などを担当します。

 ハラスメントなどの労働問題で裁判を起こす場合、法的な視点や証拠の提出が重要です。弁護士による退職代行は、労働者の権益を保護し、法的手続きや証拠の収集・整理を行う上で役立つことがあります。

弁 護士は法的な専門知識と経験を持ち、労働法や労働問題に関する深い理解を有しています。裁判においては、証拠の収集や整理、法的な論点の提示、法廷での主張などを行い、労働者の権益を守るために尽力します。

退職代行において弁護士のサポートを受けることで、適切な法的手続きを行い、裁判において最善の結果を得る可能性が高まります。弁護士は法的な目線で問題を分析し、労働者の権利を守るために最善の戦略を立てることができます。

 離職票の発行ができない

シバッタマン

離職票の発行は、通常は雇用主(会社)が行います。ガーディアンでは必要な書類を共有いただければ退職代行時に会社からご本人様宛に郵送していただくよう伝えるようです。

ただ、具体的な離職票の発行手続きには直接関与しません。万が一、離職票が発行されない可能性もあります。

離職票の発行に関しては、労働者が直接雇用主に依頼するか、就業規則や労働法に基づいた手続きを行う必要があります。

ハローワークで離職票の相談ができる

シバッタマン

ハローワークは離職票の発行や雇用に関する相談を受け付けている公的機関です。

労働者が離職した際には、ハローワークを通じて離職票の発行手続きや就職活動のサポートを受けることができます。

ハローワークでは、雇用保険や労働市場に関する情報提供や求人情報の提供、職業訓練などの支援サービスを行っています。

労働者が雇用に関する問題や就職活動において困ったことがあれば、ハローワークの相談窓口を利用することでアドバイスやサポートを受けることができます。

法的合の労働組合に相談/

【退職代行ガーディアンは失敗?】メリットも多い

【退職代行ガーディアンの失敗や違法とは?】弁護士はいないが大丈夫?退職金など解説
退職代行ガーディアン

費用が弁護士より安価

弁護士による退職代行サービスは弁護士ではない退職代行サービスと比べて費用が高額になってしまいます。

退職届けの代行だけではなく、未払い賃金の請求や慰謝料の請求も同時に行う場合には追加で料金がかかってしまうこともあります。

作業を後回しにされることもある

弁護士は退職代行サービスが本業ではありません。他にも多数のクライアント、たくさんの案件を抱えており、多忙な生活を送っています。

もしも退職代行をお願いした弁護士が、他に大きな案件を抱えている場合には退職代行の作業を後回しにされてしまう可能性もあります。

弁護士との相性が合わない場合もある

退職代行サービスをお願いした弁護士が、自分とは相性や価値観が合わないこともあります。

 会社側に自分の要求を伝え、スムーズに退職するためには、何人かの弁護士と会い自分の考えや価値観の合う相性のよい弁護士に依頼するようにしましょう。

弁護士にも得意な分野や不得意分野がある

弁護士にも得意な分野、不得意な分野があります。家庭問題は得意でも、労働関係は不得手という弁護士もいるものです。

退職代行サービスを依頼する場合には、労働関係に強い弁護士に依頼するようにしましょう。

法的合の労働組合に相談/

【退職代行ガーディアンは失敗?】よくある質問!

退職代行ガーディアンの料金費用はいくらですか?

シバッタマン

退職代行ガーディアンの料金は一律29,800円で、追加費用は一切発生しません。

雇用形態や地域、年齢を問わず、すべての方が料金一律で追加料金は一切ありません

退職代行は問題ないですか?

シバッタマン

退職代行に法的な問題はありません。ただし、退職代行サービス側の対応によっては違反行為となる場合もあります。

退職の意思を労働者に代わり伝えること自体は違法ではありませんが、交渉行為を行うと非弁行為となる場合があるのです

退職代行ガーディアンは違法ですか?

シバッタマン

退職代行ガーディアンは、労働組合法人が運営しているため、違法性はないとされています。

 しかし、退職代行ガーディアンは労働組合そのものが運営しているため、純粋に労働者のために動いてくれる組織であるとされています。

項目内容
サービス名退職代行サービス
サービス提供者東京都労働委員会に認証されている「東京労働経済組合」
サービス内容労働者の退職を会社に申し入れ、退職の条件を交渉する
違法性違法性なく安心・確実に退職できる
その他依頼者様の状況や意向を伺い、円満退職へ導く

東京都労働委員会に認証されている「東京労働経済組合」が運営しており、違法性なく安心・確実に退職できます。また、依頼者様の状況や意向を伺い、円満退職へ導いていきます。

退職代行ガーディアンについて解説し、退職を考える方々にスムーズな手続きと円満な交渉に役立つアドバイスを提供しました。

  円満に退職でき、新たな一歩を踏み出すことができました。皆さんも勇気を持って相談し、新たな未来を切り開いてください。退職代行ガーディアンがあなたの成功をサポートします!

まとめ:【退職代行ガーディアンは失敗?】注意点は?違法・詐欺は大丈夫?

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では【退職代行ガーディアンの失敗や違法とは?】弁護士はいないが大丈夫?退職金など解説についておつたえしました。

 退職代行ガーディアンは弁護士を擁していないため、法的なアドバイスや裁判を行うことはできませんが、違法性はなく、法適合の労働組合として活動しています。

私の体験としても、退職代行ガーディアンは労働者の権益を守るために尽力していると感じました。

 特にパワハラ被害や退職金の問題など、困難な状況に直面した場合には頼りになる存在です。

 退職代行ガーディアンには適切な労働条件の交渉や企業との協議を行うことができます。

 退職代行ガーディアンの利点としては、費用面で弁護士に比べて安価であることや、迅速な対応が期待できる点が挙げられます。

本記事のまとめ
  • 退職代行ガーディアンは弁護士を擁していないが、法的に違法ではありません。
  • 退職代行ガーディアンは労働条件の交渉を行い、退職金の支給などを協議しますが、最終判断は企業側によるものです。
  • 最終的な判断は企業側に委ねられますので、注意が必要です。
  • 費用面で弁護士よりも安価であり、迅速な対応が期待できます。

法的合の労働組合に相談/

退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン
総合評価
( 4 )
メリット
  • 退職ガーディアンは安心・確実に退職
  • 退職ガーディアンはオプションでの追加料金なし
  • 会社から連絡があったがガーディアンのおかげで連絡がこなくなった
デメリット
  • 退職代行ガーディアンでは転職に失敗しても返金サービスがない
  • 退職代行ガーディアンは転職へのサポートがない

法的合の労働組合に相談/

【退職代行ガーディアンの違法とは?】流れや弁護士・料金・連絡こない・有給・即日退職金を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次