MENU
退職代行と転職で悩む人をサポートする総合サイトです。

【退職明日から行かない?】退職届を出して次の日から行かない?有休がない場合?仕事パート看護師?知恵袋

当ページのリンクには広告が含まれています。

明日から仕事に行きたくないから退職する方法ないかな

退職するには退職届をださないといけないのかな、次の日からでも退職したいんだよ


そんな風に思ったことはありませんか?


退職の理由は人それぞれ。人間関係、仕事のストレス、体調不良、家庭の事情などあります。

でも有休もない場合は、退職届を出したら、次の日から行かなくていいのと悩む人もいるかもしれません。


結論から言うと、退職届を出した後は、基本的に退職で明日から行かないことは可能で義務はありません。

状況によっては、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

 大切なのは、自分の気持ちに正直になること。
後悔のない選択をするために、よく考えて行動しましょう。 

シバッタマン

私の経験ではメンタルがやんでいるときはいつでも上記のような気分でした。

会社はあなたの退職を認め、次の日から退職をすることができます。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • npo法人発達障がい者を支援する会(チームシャイニー)
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と6歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示

ストレスで即日退職したい場合は下記の記事を参考にしてください。

目次

【退職明日から行かない?】退職届を出して次の日から仕事行かない方法!知恵袋

①一般的には14日前に退職申請すれば退職が可能

シバッタマン

まずはどれくらい前から退職についてを会社側に伝えて手続きを進めていくかについて説明します。

退民法627条により、退職の2週間前に退職の告知を行えば問題なく退職できるとされています

 法律的には退職は14日前に申請することが可能になります。ですが、この最短の期間で申請を行ってしまうと業務の引き継ぎや、代わりの新しい人員の補充が間に合わずに会社側に迷惑がかかったりトラブルになってしまうケースがあります。

参考元:民法627条(厚生労働省)

一か月前に退職届の提出といわれる

シバッタマン

退職の申し出は退職したい日取りの1ヶ月〜2ヶ月程度前にするのが一般的な期間となっています。

退職の申し出については、いきなり社長や人事部に伝えるのではなく、人間関係や引き継ぎの際のトラブルを避けるためにまずは直属の上司に伝えることになります。

退職の意志が固まり直属の上司に退職のむねを伝えたら次に「退職願」もしくは「退職届」を作成します。

この2つは、労働契約の解除について会社側に合意を求めるための書類となります。提出先については上司であったり、人事部であったりと会社によって違ってくるので事前に確認して会社の規定に従いましょう。

ますが、辞表は役職のある会社役員や公務員が使うものになるので、一般的な会社員の場合は退職願か退職届で大丈夫です。

②有休が残っていれば明日から会社に行かないは可能

 有給休暇が残っている場合、退職の申し出の日から14日間すべて年次有給休暇を消化することで、翌日から会社に行かないことが可能となります。そのまま14日経過後に退職が認められます。

退職代行の即日退職については、厳密には有給休暇が残っているかどうかが重要な要素となります。

退職代行の有給消化にちいての関連記事は下記です。

③面接での話と労働条件が違う

面接での話と労働条件が違う場合、労働基準法により、求人票の内容が労働条件を書面で表した雇用契約書と異なる場合には、無条件に辞めることが可能になることがあります

1. 使用者が労働者を採用するときは、賃金、労働時間その他の労働条件を書面などで明示しなければなりません。 2. 明示された労働条件が事実と相違している場合、労働者は即時に労働契約を解除することができます。

引用元:退職明日から行かない労働基準法第15条(厚生労働省)

「面接での話が違うし、何か会社に入社した会社に裏切られた感がある」と考えて居る人がいるかもしれません。

シバッタマン

我慢することは全くありません。労働条件が違う事を理由に一刻も早く退職(契約の解除)してしまって下さい。

労働条件を守らない可能性は、そのまま働き続けると、今後の仕事では今以上過酷な条件を突きつけられる可能性が高いです。「多少の無理難題をふっかけてもやってくれる」こんな依存を寄せてくる事もありえます

ブラック企業が存続してしまうと、ホワイト企業が競争力で押されていき、ホワイト企業までがブラック企業へと変貌していきます。

④妊娠や病気などやむを得ない事由による合意の退職

妊娠、出産や病気などやむを得ない事情がある場合には契約社員、派遣社員が契約期間内であっても退職することができます。

628条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。 この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用元:第49回労働政策審議会労働条件分科会 会議次第及び資料項目(厚生労働省)

契約期間内のやむを得ない事情とは下記の状況となります。

項番内容
1本人の妊娠、出産
2本人の病気
3家族の病気による介護
4契約時の労働条件と相違があった場合(休日設定、賃金、残業等)
5いやがらせ行為があった場合(セクハラ、パワハラ)

これらの事情はやむを得ない事情と判断され、雇用期間内でも退職可能です。

妊娠や出産、病気の場合には診断書を提出すれば職場も退職を認めてくれますが、契約時の労働条件と相違があった場合や、いやがらせ行為があった場合に関しては、会社側は認めようとしない可能性が高く、しかるべき証拠を提出する必要がありそうです。

【退職明日から行かない】退職届次の日から行かないダメなケース?有休など

①有給休暇がない場合は退職できない

シバッタマン

有給休暇については厚生労働省では様々なルールができています。

また、労働者も退職はいつでも申し出ることが可能となっています。それを組み合わせることで退職は可能で次の日から勤務しないことも可能となります。

ただ、有給がのこっていることがまず大前提となります。

基本的には、民法628条のやむを得ない事由がない限り、欠勤も話し合いの合意も難しいです。

②契約社員や派遣社員も次の日に辞めれない可能性があり

契約社員や派遣社員も、契約内容では終了するまで辞められないことが多いです。

約期間に定めがない正社員には「退職の権利」があるため、いつでも退職可能です。 しかし、会社と労働期間を定めて契約している契約社員は、会社・契約社員双方が契約を履行する義務があり、契約期間中は退職できません。

労働基準法第137条に従い、労働契約を結んだ初日から1年が経過していれば、いつでも退職できるとされています

参照元:厚生労働省(民法137条)

新入社員などで明日から行かない方法がわからない場合は下記の記事を参考にしてください。

【退職明日から行かない】退職届次の日から行かない!看護師は?

会社に即日退職を話し合いで同意してもらう

会社に即日退職を認めてもらうことで、有給がなくても退職することは可能です。

 ただし、即日退職を認めてくれるかどうかは、会社によって異なります。退職理由を明確に伝え、会社に迷惑をかけないことを約束する必要があります。

項目内容
会社にどれだけ貢献してきたか新規事業を立ち上げたり、売上を増加させたり、社内制度を改善したりした経験があれば、退職理由を説得力のあるものにすることができます。
会社にとって必要不可欠な存在かどうかあなたが担当している仕事が他の人では代替できないものであれば、会社はあなたを即日退職させたくないと考える可能性があります。
退職する理由転職や起業などの理由であれば、会社はあなたを理解してくれる可能性があります。しかし、単に会社に不満があるという理由であれば、会社はあなたの退職を受け入れにくいかもしれません。
退職する時期繁忙期に退職すると、会社に大きな負担をかけてしまう可能性があります。退職する時期は、会社への配慮も忘れずに決めましょう。

②退職日まで欠勤扱いにしてもらう

シバッタマン

退職日まで欠勤扱いにしてもらうことは可能です。ただし、会社が同意してくれるかどうかはわかりません。会社が同意してくれるかどうかは、いくつかの条件によって異なります。

なたが会社に退職日まで欠勤扱いにしてもらうように申し出たい場合は、退職理由を明確に伝え、退職日をできるだけ早めに決めるようにしてください。

会社に連絡をすれば無断欠勤にはなりません。

会社との関係が悪くても、無断欠勤をすることは避けましょう。

有給の取得には時季変更権がございます。

 時季変更権は仕事のプロジェクトなので繁忙期の特定の日に、有給休暇取得者が重なった場合も、「事業の正常な運営を妨る」ものとして判断する人がいます。

予備人員を確保しないと業務が滞ること、なおかつ人員の確保ができないこと、業務の具体的な支障が明らかであること、などが求められます。

よって、時季変更権は退職者に関しては行使ができないと判断されています。

引用元:長期の年次有給休暇の請求と時季変更権行使(退職次の日からいかない

③セクハラやパワハラなどの被害を受けている場合

ちなみに「パワハラ」と「セクハラ」はそれこそ小学校の高学年でも概要が分かっているほど、一般語として定着していますが、「モラハラ」という言葉は他の言葉に比べればまだなじみが浅いので、念のためにご説明させていただきます。

 勤務先における「モラハラ」とは、「職場で精神的苦痛を与えることを目的とした行為」のことを指します。簡単に言えば、「職場での力関係のない同僚などによるいやがらせやいじめの行為」のことです。

 そこから端を発し、その後は「セクシャルハラスメント」や「マタニティハラスメント」に対する禁止を規定するなど、国として女性が結婚や出産をしても働きやすい環境づくりを整え続けた結果、既述の働くママの割合が72.2%まで伸びてきました。

 パワーハラスメントも次にご紹介するセクシャルハラスメントと同じくらい、認知されているハラスメントになります。

 ちなみに、厚生労働省のホームページを見ると、「職場のパワーハラスメントの6種型(厚生労働省)」なるものがあげられています。その6種型とは、下記の通りです。

項目内容
身体的な攻撃暴行・傷害
精神的な攻撃脅迫・名誉棄損・侮蔑・ひどう暴言
人間関係からの切り離し隔離・仲間外し・無視
過大な要求業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、死後この妨害
過小な要求業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
個の侵害私的なことに過度に立ち入ること

この表は、様々な形でのパワハラがあることを示しています。

 それぞれの項目には、身体的、精神的、人間関係、業務上の要求、個人的な侵害などが含まれています。

パワハラは、職場での優越的な立場を利用した嫌がらせであり、被害者に対して精神的苦痛を与えるものです。パワハラを受けた場合、まずは他の上司や人事部、組合に報告してみることが重要です。

それでも解決しない場合には、法的手段を検討することができます。

セクハラ

セクシャルハラスメント(以下、“セクハラ”と略します)はおそらく、小学校高学年くらいになればもうその言葉を知っているくらい、認知されている単語になります。セクハラに関しては、言葉の意味を説明するまでもないほどでしょう。ちなみにセクハラも、男女雇用機会均等法に対策規定が定められています。下記がその規定です。

セクハラ
  • 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。
  • 厚生労働大臣は、前項の規定に基づき事業主が講ずべき措置に関して、その適切かつ有効な実施を図るために必要な指針を定めるものとする。

もしセクハラを上司から受けている場合は特に、退職の意向をその上司に相談するのは難しいので退職を検討するのもよいかもしれませんね

④医師より勤務を止められている

事によるうつ病は、退職や転職によって改善されることもしばしばありますが、職場をそう簡単に辞められないという方は多いのではないでしょうか。

辞められないという使命感やプレッシャーが、さらにうつを進行させる原因にもつながるため、早い段階で気持ちを軽くすることが大切です。

自己判断でうつ状態、あるいはうつ病と決めつけるのは良くないことです。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

「少し休めば治る」などと考えずに、心療内科や精神科を受診し、専門医の判断のもと治療を行いましょう。うつ病を理由にスムーズに仕事を退職するには、まずは医師に“診断書”を発行してもらいましょう。

医師に「診断書を発行してほしいです」と相談してみましょう。 そこで医師が「診断書を発行することができる」と判断した場合に、発行してもらうことができます。

診断書とは、うつ病など心の病気で学校や会社を休む際に必要となる書類です。 診断書と一口に言っても、クリニックの書式で作成する休業や配慮に関する診断書は即日発行可能です。

診断書を用意する


会社が同意すれば即日退職ができるからです。
精神科の診断書があれば「即日退職は仕方ない」をさせなければならない理由があります。

会社と従業員は労働契約をかわしています。


精神科の医師という社会的に信用のある職業の診断書となります。。会社と従業員は労働契約をかわしています。退職を拒むことになると、会社には「安全配慮義務」を違反したことになります。

会社の安全配慮義務を考慮すれば、社会的しんらいのある精神科の診断書がある以上、従業員の健康をまもらなければなりません。

法律で会社に課されている義務をみれば、明らかです。労働安全衛生法では、会社は労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して医師による健康診断を実施する義務を負います。


安全配慮義務を怠ったときは会社が損害賠償を請求されることもあるのです。よって医師の書いた退職診断書は「体調不良の証明書」です。無理に働かせて訴えられる可能性があります。

参考元:安全配慮義務(厚生労働省)

診断書の効力にかんしての関連記事です。

【退職明日から行かない】退職届次の日から行かない場合の注意点?パートは?

 ①バックレは懲戒解雇の恐れもあるので辞めよう

シバッタマン

会社をバックレてしまうと懲戒解雇を言い渡されるリスクがあります。

懲戒解雇は解雇の中で最も重い罰のひとつです。離職票にも『懲戒解雇』と書かれ、転職時に不利になってしまうんですね。

会社側が労働者に対して行う解雇には「普通解雇」「整理解雇」「懲戒解雇」があります。日本では労働者を簡単に解雇することはできない仕組みになっています。

解雇も就業規則に記載されていますので、該当すると解雇ができます。懲戒解雇になると退職金の不支給、離職票に「重責解雇」と記されてしまいます。重責解雇は転職時にも不利になっ
てしまいます。

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償す
る責任を負う。」

引用元:民法第709条 – Wikibooks

②退職後のお金を準備をする

契約社員・派遣社員の場合には退職金が出ないケースが多くなっています。退職後、次の仕事を見つけるまでの生活費の工面としておきましょう。

ブラック企業からの退職であっても、契約の相違による退職であっても、退職代行サービスを利用して退職した場合には、退職理由は自己都合となります。自己都合退職の場合には、失業保険金はすぐに給付されないケースがあります。

また、失業保険が給付されるのは雇用保険に加入し、12か月支払っていた場合です。他にも失業給付金を受け取るには条件があります。自分が失業保険の給付を受けることができるのかを確認しておきましょう。

③退職する会社からの損害賠償請求で覚える必要はない

損害賠償とは、労働過程での故意や過失によって会社や利用者、第三者に損害を与えた場合に発生する責任と賠償金のことです。

 会社に不利益を被ったと会社側が労働者に訴訟を起こすことはもちろん可能ですが、余程なことがない限り、損害賠償にはならないでしょう。

 損害賠償の請求などの裁判を起こすのは会社側にとってとても面倒な行為だからです。

 

シバッタマン

損害賠償で裁判を起こすとなると弁護士を雇ったりする裁判費用や時間的なコストが膨大にかかります。たかだか1人の社員が退職する程度のことで会社側もそこまでのお金と時間と労力はさけないでしょう。

実際に会社側が訴訟に勝って損害賠償を支払われたところで一切割に合わないのです。

 ④引き継ぎで損害賠償を受けることはない

シバッタマン

会社を退職する場合ですが、引き継ぎに頭を抱える人もいるでしょう。受け持っていた仕事を後任に引き継ぎ、自分が退職した後もスムーズに業務が進む環境を作っておくことは大切なことです。

引き継ぎは法律で決まっておらず義務ではありません。

 部署の移動や事前に退職を伝えている場合には、業務を円滑に進めるため引き継ぎが行われることがほとんどです。

 しかし、退職代行を考えている人は即日退職を目的にしていることが多いため、引き継ぎ期間はないかと思います。引き継ぎをしないと訴えられるから、絶対にしないといけないということはないので、安心してください。

会社から引き継ぎを理由に退職を引き延ばされたとしても、これに応じる義務はありません。

 退職のトラブルで多いのが「そもそも退職理由など話を聞いてもらえない」ということと、この「退職を引き延ばされて退職できなかった」というケースです。

 事前に退職を伝え転職先が決まっていたにも関わらず、退職を引き延ばされて内定を辞退することになってしまったという場合もあります。引き継ぎや人手不足などで退職を断られることが多いかと思うのですが、これは会社の都合であり会社が対処すべき問題なので、こちらが責任を感じることはありません。

⑤借りている備品や社員証・保険証をどうすればよいのか確認する

シバッタマン

退職をする場合に気になるのが会社の備品の返却です。

会社から借りているものなのでもちろん返さなければいけませんが、誰とも顔を合わせず退職したのに、退職後会社の備品だけを返却するために出向くのは嫌だと思います。次は、退職時の会社備品や社員証・保険証の返却と会社に置きっぱなしの私物についてみてみましょう。

会社の備品返却と私物を返してもらうのは郵送でのやりとりになります。

 私物を返却してもらえるよう会社に伝えてもらい、こちらも会社に返却しなければいけないものを郵送します。なお、保険証については身分証明書の代わりにもなる重要な書類ですので「簡易書留」などを利用して郵送するのが一般的です。

 また、次の会社が決まっている人は「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「年金手帳」「健康保険被保険者資格喪失証明書」の4点が必要です。

次の会社が決まってない人はさらに「離職票」「厚生年金基金加入員証」「退職証明書」の3点が必要になります。

⑥パートが明日から行かない場合は契約内容次第

シバッタマン

パートであっても勤務開始から3年、もしくは5年経過すれば退職を願い出ることができます。自分の雇用契約は何年契約であるのかを確認しておきましょう。

労働基準法で定められています。つまり、パートであっても3年以上、あるいは5年以上同じ職場で勤務していれば、労働者側からいつでも自由に退職を希望する権利があります。

ただ、権利がなかったら退職が厳しい場合があります。雇用期限が3年なのか、5年なのかを確認しておきましょう。

パートはこちもら参考に

⑦社宅にすんでいる場合は有休消化を利用する

  社宅に住んでいる場合は、退職日までに荷物をすべて持って引っ越す必要があります。有給消化とすればば、まだそこに滞在することができるはずですが、次に住む場所や荷物の移動先に関しては、スムーズに出て行くためにも退職前に決めておく必要があります。

また、会社から支給されたネームカード、制服、勤怠カード、携帯電話などは、郵送で会社に返却することで対応可能です。

社宅に関しては下記に詳しく記載していますので参考にしてください。社宅から出ていかなくてよい場合もあります。

社宅に住んでいる場合
退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

【退職明日から行かない】退職届次の日から行かないにはどうする

【退職届次の日から行かない】退職明日から行かない!会社にいかない!仕事!パート

明日辞めるには退職代行がお勧め

シバッタマン

若い世代での離職や転職が珍しくなくなり、会社を辞める際に退職代行サービスを利用する若者が増えてきていると言われています。

「明日からもう会社に行きたくない」

「心が重くて家から一歩も出られない」

「辞めたいけど、退職しようとすると周りから何を言われるかわからない」

退職代行サービスとは、このような自分で退職する手続きができない人のために、働いている本人に代わって、退職する旨を勤務先に連絡してくれる代行サービスです。

苦手な上長や嫌な会社に、自分で退職をする旨を伝えずに辞められるので、転職が当たり前になってきた現代に必要とされるサービスですが、実際は10年くらい前から存在しています。

退職代行業者を利用するメリット

シバッタマン

退職代行サービスを利用する最大のメリットは、勤務先の人と直接話す必要がない、もう顔を合わさなくてもよい、ということです。

このサービスを使おうとする心情は、「明日にでも辞めたい」というような、おそらく切羽詰まったギリギリの状態である場合が多いでしょう。

そのため、職場の人とはもう一切関わりたくなくなっていて、ましてや退職の相談などできない状況にあると考えられます。それを一手に引き受けて代行してくれるサービスとなれば、今すぐにでも活用したくなるサービスです。

そこで、おすすめの退職代行ついてご紹介します。

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【退職明日から行かない】退職届次の日から行かない!よくある質問

【退職届次の日から行かない】退職明日から行かない!仕事!パート?パワハラ!知恵袋

退職届を出したら行かなくていいですか?

シバッタマン

一般的には、退職届を提出した後、一定の通知期間(通常は2週間から1か月)を経てから退職するのが普通です。

 しかし、特別な事情がある場合は例外もあります。例えば、妊娠や病気などやむを得ない事由、またはセクハラやパワハラなどの被害を受けている場合などは、医師からの診断書を用意した上で、即日退職が可能となることもあります。

下記に詳しく記事にしています。

明日から会社に行かない場合、退職代行業者を利用するメリットは何ですか?

シバッタマン

退職代行業者を利用するメリットは、自身で難しい交渉をする必要がなくなることです。

 特に、セクハラやパワハラなどの問題を抱えている場合や、急な病気などで体調がすぐれない場合には、代行業者が代わりに退職の手続きを進めてくれます。

 おすすめの退職代行業者には「退職代行EXIT」や「退職代行SARABA」、「弁護士法人みやび」などがあります。

明日から会社に行かない場合の注意点は何ですか?

明日から会社に行かない場合、一定の注意点があります。

 懲戒解雇のリスクを避けるために、まずは退職意志を伝えることが重要です。

 また、退職後の生活資金を準備し、借りている備品や社員証・保険証の返却方法を確認する必要があります。そして、パートや有期契約の場合も契約内容によりますが、可能なら有給休暇を利用して円滑に退職を進めることが推奨されます。

パートや契約社員に関しては下記に記事にしています。

退職届を出さないとどうなる?

シバッタマン

退職届を書かなくても退職意向は成立します。

 退職届は、退職する意思を会社に伝えるための書類ですが、法律で提出が義務付けられているわけではありません。口頭で退職する旨を伝え、会社がそれを承諾した場合、退職は可能です。

ただし、退職届を提出しておくと、退職日が明確になり、退職後の手続きもスムーズに進みます。また、退職届を提出することで、会社とトラブルになった場合の証拠にもなります。

退職を考えている場合は、退職届を提出することをお勧めします

ストレスで即日退職したい

シバッタマン

仕事でストレスを抱えている場合は、まずは休息をとることが大切です。睡眠を十分にとり、体を休めてください。

また、ストレス解消法を見つけることも大切です。運動や趣味、好きな人と過ごす時間など、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

もし、それでもストレスが解消されない場合は、上司や人事部に相談してください。休職や育児休暇を取得するなど、ストレスを解消するための方法を検討してください。

誰かに相談したい場合は、上司や同僚、友人、家族に話を聞いてもらうといいでしょう。また、休息したい場合は、休暇を取得したり、リラックスできる趣味に取り組んだりすると良いでしょう。

私の経験上、ストレスを悪化してうつ病になると復帰が難しくなります。即日退職をしたい場合には退職代行に相談するのもありかとおもいます。

退職を伝えたら明日から来なくていいというのはどういう意味ですか?

シバッタマン

「退職を伝えたら明日から来なくていい」というのは、会社があなたの退職を受け入れ、あなたに残ってもらう必要がないことを意味しています。

 これは、会社があなたの退職を受け入れ、あなたの仕事を他の人に引き継ぐことができると判断したためです。

もし、あなたが退職を申し出た後、会社から「明日から来なくていい」と言われたら、会社に退職日を決めるように要求してください。また、退職する前に、仕事の引き継ぎをしておくと、円満に退職することができます。

退職届を出したら行かなくていいですか

シバッタマン

基本的には、退職届を出したら行かなくていいです。

 ただし、退職届を出した後も、会社から出勤を求められる場合があります。これは、会社があなたの退職を受け入れていない場合や、あなたの仕事を他の人に引き継ぐことができない場合に起こります。

もし、退職届を出したら会社から出勤を求められた場合は、会社に退職日を決めるように要求してください。また、退職する前に、仕事の引き継ぎをしておくと、円満に退職することができます。

まとめ:【退職明日から行かない?】退職届を出して次の日から行かない?有休がない場合?仕事パート看護師?知恵袋

いかがでしたでしょうか。

今回の記事は【退職届次の日から行かない?】退職明日から行かない?有休がない?パートも?看護師?知恵袋をお届けしました。

退職届を提出することなく、次の日から仕事を辞めることを考えたことがある人もいるかと思います。

この記事では、パートタイムの仕事を辞める方法について解説しました。

 私自身が40代で会社を辞めた経験から、仕事を辞めた後にどのように自分の人生を切り開いていくかについてもお伝えします。

 もし仕事を辞めることを考えている場合は、即座に退職代行サービスなどを利用することも一つの方法です。

私は今、幸せで充実した人生を送っています。この記事が、皆さんのお役に立てることを願っています。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次